人気ブログランキング |

タグ:観察会 ( 8 ) タグの人気記事

黒瀬川探鳥会

3月9日、黒瀬川探鳥会に参加した。
本当は他の鳥を探しに行って、鳥見をしている集団に出会い、途中から参加したのだけれど。
随分前、探鳥会の予定を聞いていて、すっかり忘れていた。
たくさんの人が、いろんな鳥を見つけてくれるからね、ついて回ることにしたょ。


d0367460_07093887.jpg
「バンがいるよ。」「どこ?」「どこ? 」
「白いごみが2個ひっかかっているところの左側、水際を歩いているよ。」
「肉眼では見えないなあ・・・。」

スコープを覗かせてもらって確認。


d0367460_07074667.jpg
ウグイスがよく見えるところで鳴いていた。



d0367460_07081196.jpg
藪の中でもときどき姿が見えた。



d0367460_07092288.jpg
うふっ、メジロの逆上がり。
急に川の中のコガモの集団が飛び立った。


d0367460_07083383.jpg
見ると、1羽の猛禽らしき鳥がやってきて対岸の建物の屋根に止まった。チョウゲンボウだ。
なるほど、コガモはチョウゲンボウを恐れて逃げたのかと思っていたら、
「いやいや、その前にハイタカが来たんだよ、コガモはチョウゲンボウは恐れないからね。」と、ハイタカを見た人の話。
ハイタカはコガモが逃げた下流へ飛んで行き、直後にチョウゲンボウが飛んできて屋根の上に止まったらしい。
ハイタカを見ていない人たちは悔しがって、チョウゲンボウもすぐに飛び立って・・・。



d0367460_07084090.jpg
しばらく進むとまたチョウゲンボウ。今度も遠い。
さっきのチョウゲンボウかなと思ったら、「今度はオス、さっきのはメス、頭の色が違うでしょ。」と解説が入る。
今度はこちらの岸に止まっているから、もしかしたら近寄れるよ。
みんなでそろりそろりと近づいていくと、カラスが1羽飛んできて、飛び立たせてしまった。
にっくきカラスめ!!!



d0367460_07084930.jpg
飛び立つことは予想できたのに、近づくことに専念していて、飛び立ちに間に合わなかった。
せっかく背景がうるさくない所だったのになぁ、まだまだ駄目だねえ。
今回の観察会では何種観察できたのだろう、いつものように昼食の準備で最後の鳥合わせに参加していない。
チョウゲンボウ、(ハイタカ)、トビ、カラス、(カワセミ)、ウグイス、メジロ、スズメ、アオジ、(オオジュリン)、ジョウビタキ、
ホオジロ、(ホオアカ)、モズ、カワラヒワ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ツグミ、ヒヨドリ、キジバト、ドバト、クサシギ、
カルガモ、バン、オオバン、ヒドリガモ、コガモ、マガモ、カイツブリ、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ダイサギ・・・。

こうやって思い出す作業もボケ防止(*'ω'*)



by krsmag3 | 2019-03-13 07:00 | | Comments(2)

観察会

d0367460_18481646.jpg
昨日、小雪舞う中、東広島市西条町で観察会が開かれた。
ノーマルタイヤのわが車、ほんの少し帰りが心配だったけれど、なあに、雪が積もったら車を置いて帰ればいいや、なんてね。
雪に邪魔されてカワセミにピントが合わない。



d0367460_18482450.jpg
時おり雪が止んで、邪魔するものがないよというときには、カワセミはこんな茂みの中、
観察会だからね、撮れる位置を探して導いてくれる人がいる。



d0367460_18483142.jpg
で、何にも邪魔するものがないところにいるのはまんまるジョウビタキ。

この日観察した鳥は、カシラダカ、ホオジロ、ジョウビタキ、カワセミ、
ダイサギ、ヨシガモ、オオバン、カルガモ、ヒドリガモ、コガモ、ミサゴ、ノスリ・・・。


時おり日が差したりしたので道路の積雪は無し、何の心配もなく帰宅(*^^)v



by krsmag3 | 2019-01-27 07:00 | | Comments(2)

1月観察会

d0367460_20384283.jpg
毎月第3日曜日は、ひろしま自然の会の郷原自然観察会、1月の会に参加した。
雨が止んだばかりだからか、野犬が川をうろうろしているからか、鳥の姿がなく、みんなで溜息をついていたら、
「アメリカヒドリガモの交雑種がいるよ。」という声に、俄然テンションが上がる116.png
本日の目玉だよっ。



d0367460_20392298.jpg
ヒドリガモの群れの中に1羽だけ目の後ろが緑色のカモがいる。
あいにくの曇り空、緑色がきれいに撮れない。

晴れていればなあ・・・。

観察会が終わって帰宅、昼食を済ませたころ、なんと青空が出てきたょ。

大急ぎで午前中ヒドリガモがいた場所へ。


d0367460_20582345.jpg
ヒドリガモたちは土手に上がって草を食べていた。
しばらくして川に戻ったかと思うと、一斉に飛んで川上へ。

車であとを追う。

いつもヒドリガモがたくさんいるところにきっといるだろうと見当をつけて、川土手の狭い道を進む。


d0367460_20400146.jpg
ピンポーン! いたのだ。 しかもずいぶん近いところ。 運がいいょ。



d0367460_20401042.jpg
でも、どんどん遠ざかって、向こう岸に逃げていく。こりゃ、向こう岸の方が近いよ。
車を移動するょ。


d0367460_20415537.jpg
あはっ、近いからね、すぐに飛ばれてしまった。



d0367460_20420246.jpg
陰になっていて、顔の緑色がうまく撮れていない。



d0367460_20421017.jpg
ヒドリガモとアメリカヒドリガモの交雑種と聞いたけれど、体は完全にヒドリガモだねえ。



d0367460_20423813.jpg
下りたところは川の真ん中のカモ密集地、遠い。
しかも動き回るので、一度目を離すとまた見つけるのに難儀したょ。



d0367460_20424543.jpg
黒瀬川でヒドリガモはいつも見ている。
アメリカヒドリガモが混ざっているかもしれないと探したことはあるが、見つけたことは一度もなかった。
やっぱり観察会には参加しなくっちゃ ^^;





by krsmag3 | 2019-01-21 06:37 | | Comments(4)

世羅夢公園

d0367460_14072835.jpg
4日土曜日、世羅夢公園で開催された「広島県民生き物調査 実習観察会」に参加した。
あんまり暑いので、参加しないことにしていたのだけれど、やっぱり気になって、遅れて参加した。
この日のメイン「いきものログ」の説明が終わっていたので、単なる植物観察会になってしまったのだが。



d0367460_14152560.jpg
今、湿地はサギソウが満開。



d0367460_14153547.jpg
たくさんのサギが飛んでいる。



d0367460_14173766.jpg
ミソハギも満開。



d0367460_14184763.jpg
で、本日の目玉、ヤチシャジン! 広島県RDB絶滅危惧Ⅰ類だ。



d0367460_14190697.jpg
自生地の花の種をとり、苗を育てて公園に移植されたものらしい。
絶滅寸前の植物が公園内で保護されている。



d0367460_14395982.jpg
も一つ目玉、ヒョウモンモドキの4齢か5齢の幼虫、脱皮前でじっとしているという説明があった。
ビニルハウス内で飼育されているヒョウモンモドキのその後が気になっていたのだけれど、
増えた幼虫は野に放されているという。自生地が復活すればいいなあ。



d0367460_14400922.jpg
ブッポウソウが巣立った後の巣箱の中も見せていただいた。
大量の糞らしきものの中にプラスチックのかけらのようなものが見える。なんだろうね。
糞は親鳥が全部外へ出すのだろうと思っていたょ。

観察会っていいねえ。




by krsmag3 | 2018-08-07 07:02 | | Comments(2)

二級峡ミニ観察会

4月29日、ひろしま自然の会のミニ観察会が、呉市二級峡であった。
今回のテーマは、渓流植物の観察ということだった。
大水のときは水につかるが、水が引くと地面が出てくる限られた狭い場所に生きる植物たち!?
難しいことは講師にお任せをして、参加者たちはてんでばらばらにおのれの興味あることに熱中していたりして・・・。
116.png もわが道を行く。

d0367460_19091465.jpg
タラヨウがあった。ハガキの木だそうだ。
葉に傷をつけて字を書き、定形外なので120円切手を貼ってポストにいれれば届く?
参加者には物知りがいっぱい(*'ω'*)



d0367460_18572609.jpg
イブキシモツケ
伊吹山で見つかったのでこの名があるが、西日本各地にみられるらしい。
今までコデマリだと思っていた。教わらなければわからなかった。



d0367460_18574359.jpg
イワギボウシ・・・渓流の岩場に自生するギボウシ



d0367460_18580333.jpg
岩場にはキシツツジがたくさん咲いていた。



d0367460_18585989.jpg
葉に、虫の糞がついている?



d0367460_18584367.jpg
いや、足があるよ。目がある、口がある、触覚がある。
ムシクソハムシだって(*´з`)  
とんでもなくいい名前を付けてもらったんだねえ。



d0367460_18593084.jpg
本日の目玉!!!  アオマダラタマムシ!!!
光の当たり方で赤く見える。



d0367460_18593989.jpg
青く見える角度を探す。



d0367460_18594629.jpg
この角度が一番青い!



d0367460_18595247.jpg
観察会だから、見れた。
ひとりで歩いたのでは見られないょ。




by krsmag3 | 2018-04-30 17:00 | デジブラ | Comments(4)

観察会

日曜日、1月の黒瀬川観察会に参加した。400mmレンズの出番だよ。
この時期の観察会は寒くて震え上がるのが常だけれど、風もなく暖かくて、途中で手袋を外すほど。

「見られると予想した鳥と実際に見た鳥の一致率を、後で調べますよ。」だって。頑張らなくっちゃ。
渡された一覧表に〇を35個つけた。カワセミやヤマセミには〇、ぜひ見てみたい。


d0367460_14142584.jpg
最初に現れたのはジョウビタキ。もちろん〇をつけている。
今回は、スズメやカラスを見つけても、やったぁと声が上がる。変だねえ。


d0367460_14150482.jpg
あまり撮らないマガモだけれど、向こうにカイツブリが写っている。

アオジが茂みから飛び出したけれど、また、茂みに隠れてうまく撮れなかった。


d0367460_14153218.jpg
「オオジュリンがいるぞ。」という声にカメラを向けるが、何とも見つけ難い。
この中に3羽隠れている。



d0367460_14162544.jpg
タシギもなかなか見つからなかった。
みんなに教えてもらってやっと探し当てたときは、2羽いたのが1羽になっていて…。


コガモやヒドリガモなどカモ類を見ながらゆるゆる歩く。


d0367460_14163534.jpg
トビがたくさん集まっていた。この2羽は成鳥と幼鳥、胸の模様と尾羽の違いで区別できるという。
左が幼鳥だったかなぁ、教わったのに忘れてしまった(*´з`)



d0367460_14164800.jpg
この日、一番近くで撮れたのは、エナガ(*^^)v



d0367460_14170248.jpg
「赤い鳥がいたよぅ。」
呼ばれて駆けつけても、なかなか居どころが分からない。
ぐずぐずしているうちにいなくなってしまった、その直前にとらえたもの、オスとメスが1羽ずつ。
こんなに離れていては、400mmも役に立たないよ。でも、250mmだったらもっとだからねぇ。



d0367460_14171522.jpg
最後に出会ったのは越冬中のキタキチョウ。
これは400mmレンズで撮るものではないけれど、出会いがあっただけで良し( `ー´)ノ

☆  ☆  ☆  ☆ ☆

最後に鳥合わせがあり、39種の鳥が確認された。うち、116.png が見たのは29種。
さて、課題の成績は?
見られると思っていたのにいなかったのが7、見られないと思っていたのにいたのが11で、計マイナス18点。
マイナス15点以下の人が4人もいた。

「コサギがいないのはわかっていたけれど、アオサギがいないとはびっくりだねぇ。」
「カワウもいなかったねえ。」
「オカヨシガモがいるなんて、思いもしなかったよ。」
「イカルの鳴き声が聞こえていたのに、姿を確認できなかったなあ。」
「ノスリが空高く舞っていたのを見つけたのがすごかったょ。」
「次こそヤマセミに会いたいものだねぇ。」


わいわいがやがや、観察会は楽しいねえ。



by krsmag3 | 2018-01-23 09:47 | | Comments(2)

黒瀬川の鳥

12月16日、黒瀬川で鳥の観察会があり、参加した。

d0367460_09441901.jpg
ハクセキレイのアルビノ個体。


d0367460_09443257.jpg
「アルビノってなあに?」
「突然変異で色素が抜け、白化しているんだよ。」
「動物界ではいろいろあるょ。有名なのは白蛇かな。」

観察会だからね、詳しい人にいろいろ教えてもらえる。


d0367460_09580633.jpg
電柱にチョウゲンボウが止まっていた。


d0367460_09534373.jpg
カシラダカがいた。


d0367460_09592770.jpg
イカルチドリ、クサシギ、モズ、ムクドリ、


d0367460_09593683.jpg
ジョウビタキ、ホオジロ、アオジ。

撮れなかったけれど、ヒクイナ、カワセミ、タヒバリ、イワツバメ・・・、全部で39種の鳥が観察できた。
曇っていて、風が強く、とても寒い日だった、この時期、鳥見にはホッカイロが必需品だ。



by krsmag3 | 2017-12-18 10:04 | | Comments(2)

「野呂山でホンゴウソウを探そう」ミニ観察会

20日に、「野呂山でホンゴウソウを探そう」ミニ観察会があった。
ミニ観察会というのはひろしま自然の会で、2名以上の参加者があれば開催が決定という、大変楽しい会である。
今回は、野呂山でホンゴウソウを探すという、これは参加せずにはおれないぞと集合場所に出向いたら、参加者は7名だった。
ミニ観察会常連の面々? 
116.pngの興味がわかないものには参加しないので、厳密には常連かどうかわからないが、116.pngが参加するときには必ず見る顔ぶれ。
挨拶を済ませて、定刻10時に出発である。

実は、今回のミニ観察会は大変なことになるだろうと、ある人からの情報があった。
野呂山でホンゴウソウの記録があるのは30年前のことだという。
今、あるかどうかわからないところへ探しに行くのだよ。覚悟していくべし、と。
でも、別のある人は、なあに、大丈夫だょ。30年たっても、あるべきところにあるものだ。と。

どちらにしても、小さい小さいホンゴウソウだからね、そんなに簡単に見つかるものではない。
それ相応の覚悟を決めて参加したつもり。

林道を進む前に、30年前にホンゴウソウを観察したという本日の提案者から、地図を渡され説明を受ける。
この林道は途中で引き返してはいるが、花を探して2度ほど歩いたことがある。
小一時間も歩けば現地に着くのではないかと、思った。


d0367460_18070996.jpg
コオニユリにオナガアゲハ♀が来ていたり、


d0367460_18072175.jpg
冬虫夏草かと思ったら、


d0367460_18073225.jpg
葉っぱの柄だったとみんなで爆笑して。


d0367460_18074653.jpg
クロコノマチョウの幼虫を見つけてはしゃいだり・・・。
道中も野呂山の花や生き物を見つけて楽しんだ。ホンゴウソウも見つけたいなあ。


ここまでで7000歩歩きましたよと報告があったのはどこいらへんだったろうねぇ。


「さあ、いよいよ林道から目的の場所へ行く道(山の管理道)の入り口へ着きました。あと少しですよ。」
「入り口を探しましょう。」
「あれ、入り口がありませんねえ。」
「大きな岩があるこの向かい側に管理道の入り口があるはずなのですが。」
「大藪になっていますねえ。どんなに頑張っても進めませんねえ。」


30年の間に草原だった入り口は大藪と化し、入り口をふさいでしまったのだ。
この藪を抜けて檜林の中に入りさえすれば、目的の場所まであと少しなのだけれど。
なんとか林の中へ入ることができないかと、みんなで手分けして探していると、少し戻ったところに道らしきものがあった。
赤いテープが結ばれた木もあった。道の目印だろう。
野呂山へ上る旧道のようだ。高校の生物部でこの道を通ったことがあるという声。
それなら安心だねと進んでいくと、苔むした石畳のような道になった。
呉版「熊野古道」であるという人、名前はいいが、暗いし、滑るし、マムシはいるし。大変な道だょ。
すると、「まるで探検隊だねえ。」「そうだ、これは野呂古道だ。」と続いて、何やら楽しさも出てくる。
ときどき膝がきりっと痛むが、まあ、このくらいはいつものこと、頑張って最後まで行くぞ。

「野呂古道」を抜け、これ以上狭い道はないだろうという細い道を通り、木の枝を潜り抜け、
しばらく行くと檜林の中でそれまであった道が消えてしまった。
なぜか茶碗のかけらや瓶のかけらがあって、昔、ゴミ捨て場だったようだ。
ホンゴウソウが咲いていた場所にたどり着くのはまだまだ大変そうだ。

また、みんなで道を探すと、こっちに道があるぞうと言う声。声のする方へ背丈ほどある草をかき分けて進んだら。
トラックが通れるほどの大きな道があった。こんなに広い道なら安全だと、また、目的地の方向へ向けて出発。

ほどなく道は狭くなっていき、なお進んでいくと小さな滝があって、提案者がそうだそうだこの滝に見覚えがあると喜んで。

ところが、滝から向こうの道が、ごっそりと崩れていたのである。
道を支えていたらしい石垣の石や大きな岩が谷へずり落ちているのが見える。
滝があるくらいの地形だからね、何とか回り道をと考えても、もう、これはお手上げだ。

「本日の探索はこれで打ち切りです。」
帰り道は、「野呂古道」は通らず、トラックが通れる広い道を通って、最初の林道まで戻った。
安心して林道を進んでいると、どんどん山を下って行く、これはおかしい、最初の林道ではないぞと気がついて、
また引き返したというおまけは書くのもしんどい。
でも、面白かったねえ。
道がないぞと探して、もっといい道があると引き返して、新しい道が目的地に通じると信じて進んで、行き止まりになって、崩落で引き返して。
最初の林道だと思ったら違っていて。こんな経験めったにできないよ。参加者が7人もいたから楽しめた。

「野呂山でホンゴウソウを探そう」ミニ観察会は、30年前ホンゴウソウの咲いていた場所に行きつくことができず、終了となった。
予定通り、14時解散。ホンゴウソウを探すために予定していた時間は道を探す時間になった。


誰かが言ったょ、「野呂山は奥が深いねえ。」



by krsmag3 | 2017-08-24 07:32 | くらし | Comments(4)