御調八幡宮

d0367460_09444511.jpg
干し柿の里の次に寄ったのは御調八幡宮。
西の吉野ともいわれる、しだれ桜の名所として有名な神社である。
備後総鎮守一の宮神社で和気清麻呂の姉和気広虫(法均尼)が流された地という。


d0367460_09450369.jpg
八幡川


d0367460_09453539.jpg
ちょうど見ごろ


d0367460_09460818.jpg
見上げると真っ赤。


d0367460_09462545.jpg
散策路は散り始めていた。

来年は桜の季節に訪れたい('ω')




[PR]
# by krsmag3 | 2017-11-16 10:08 | デジブラ | Comments(2)

干し柿の里②

d0367460_04205712.jpg
たわわに実る柿の木


d0367460_04210700.jpg
坂を上ると飛び込んでくる風景


d0367460_04221192.jpg
「尾道柿園」


d0367460_04215565.jpg
柿の向こうの畑


d0367460_04213669.jpg
柿を干す風景


d0367460_04223066.jpg
柿を干す風景②


d0367460_04275429.jpg
やぎは草刈り係かな。


d0367460_04363352.jpg
いやいや、柿泥棒見張り役だったょ( `ー´)ノ



[PR]
# by krsmag3 | 2017-11-15 12:04 | デジブラ | Comments(0)

干し柿の里

d0367460_21341977.jpg
11/13、尾道市御調町の柿の里を訪ねた。
11/10の中国新聞に干し柿づくりがピークを迎えているとあったのだ。
去年、友人に教わって訪れたときは、ピークを過ぎていた、今年こそ。


d0367460_21333948.jpg
御調町は、江戸時代から正月飾り用の「串柿」の産地だったが、需要がなくなり衰退したと記事にあった。


d0367460_21335052.jpg
「柿の里」の再生が軌道に乗っているとも。


d0367460_21340084.jpg
柿のカーテンがまぶしい。


d0367460_21341138.jpg
干された日数の違いが柿の色の違い。


d0367460_21501890.jpg
丸い柿は機械で皮をむくが、この柿はくぼみがあるので、手作業でむくという話だった。

それを5万個!!!  大変だぁぁぁ(*´з`)



[PR]
# by krsmag3 | 2017-11-15 04:18 | デジブラ | Comments(6)

濃霧注意報

d0367460_07153269.jpg
濃霧注意報が出た朝、草むらはネックレス工場になる。

d0367460_07152656.jpg
淡い色をつけて。


d0367460_07152072.jpg
も少し色をつけて。



[PR]
# by krsmag3 | 2017-11-14 07:23 | デジブラ | Comments(4)

カモがやって来た

黒瀬川にカモがやって来た。

d0367460_08390723.jpg
オオバン


d0367460_08391774.jpg
マガモ


d0367460_08392427.jpg
ヒドリガモ。

まだまだ増えていくだろう。


d0367460_08395620.jpg
ルリタテハが翅を広げていた。



[PR]
# by krsmag3 | 2017-11-13 08:42 | | Comments(0)