黒瀬川一斉清掃

d0367460_19012223.jpg
黒瀬川の一斉清掃は毎年2月第3日曜日、冬越しの害虫退治も目的だから、最後にはげし焼きとなる。
黒瀬川の両岸が焼かれて真っ黒になる。



d0367460_19012881.jpg
それに合わせて、わが地域では休耕田にも火が入る。
この日は消防署に連絡をしなくても火がつけられるのだ。
『ここ最近、ヒクイナが鳴いていたのになあ・・・。』
この火で逃げ出してしまっただろうね。


# by krsmag3 | 2018-02-18 18:50 | くらし | Comments(0)

ヒクイナ

d0367460_21474431.jpg
1月の観察会でヒクイナを見かけた場所に何度か足を運んだが、この日、やっとヒクイナを見ることができた。



d0367460_21475007.jpg
げし焼きがされているので、草むらへ隠れるまでの距離が長いから、見つける確率が高かったのだろうな。



d0367460_21481770.jpg
ヒクイナはえさを探しながら移動をしている。土手の上から注意深く追っていく。隠れられたらおしまいだ。



d0367460_21482353.jpg
今年、もう一度ヒクイナを撮る自信がないので、撮れた画像は全部UP^^;



d0367460_21490357.jpg
枯草の上にいるヒクイナと、焼け跡にいるヒクイナでは、さて、どちらが目立つのでしょう。



d0367460_21490916.jpg
目を離したら、すぐに見失ってしまうのはどちらも同じでした。



# by krsmag3 | 2018-02-18 07:00 | | Comments(0)

キレンジャク

d0367460_12594396.jpg
別の場所にいたヒレンジャクの群れ。
キレンジャクが1羽混ざっていると先輩から聞いていたので、PCでひとつずつ確かめていったら、
なんと、右端から2番目がキレンジャクだったのである\(^o^)/



d0367460_13194821.jpg
ほんの少し、黄色い尾が見える^^;

キレンジャクは初見。
さあ、次の目標ができたよ、キレンジャクをちゃんと撮りたい。




More・・・次の日も・・・
# by krsmag3 | 2018-02-17 07:00 |

ヒレンジャク②

d0367460_07173075.jpg
柿の実がまだ少し残っている。



d0367460_07153665.jpg
熟し柿が甘そうだ。



d0367460_07174472.jpg
実が残っているのだろうか。



d0367460_07175133.jpg
皮にへばりついている実があるのだろうねぇ。



d0367460_07175927.jpg
柿の実を食べて変身ヒレンジャー



# by krsmag3 | 2018-02-16 07:00 | | Comments(2)

ヒレンジャク

あちこちからヒレンジャクがいたと風の便りが届く。
ああ、ヒレンジャクに会いたいなあ・・・。
そうだ、鳥見の先輩に電話をしてみよう、もしかしたらご存知かもしれない。

「ええっ、あんたぁ、知らんかったんかぃ。」
「あんたのことじゃけぇ、もう知っとる思うて知らせんかったんじゃが。」
「今年は豊作でぇぇ、300羽おった。もう,抜けたがのぅ。」
「団地のピラカンサスやナンテンの実を食べようた。」
「ほうか、まだ見とらんのんか、昨日、2羽ほど見たけん、そこならまだ居るかもしれん。」
「よっしゃ、今からすぐに出られるかぃ、案内したげる。」

洗濯途中、家を飛び出したのである。


d0367460_06305182.jpg
案内していただいたのは昨日も買い物で通った道、1本の柿の木にヒレンジャクはいた。



d0367460_06312164.jpg
20羽ほどの集団が柿の実を食べていた。



d0367460_06314451.jpg
柿の実は残り少なくなっていて、ここにいるのもあと少しだろうなぁ。



d0367460_06320409.jpg
ぎりぎりのタイミングだったのかもしれない。


d0367460_06330235.jpg
たくさんの小枝に邪魔されて撮りにくいのだけれど、そんなことよりヒレンジャクに出会えたことが嬉しくて。


むふっ、家に帰ったら、洗濯物が干してあった。



# by krsmag3 | 2018-02-15 07:00 | | Comments(8)