ヒサマツミドリシジミ②


d0367460_19134553.jpg
明るい曇り空でもヒサマツの山に行きたかったのだもの、
晴れていたら、当然、行先はヒサマツの山になるよね。


d0367460_19141404.jpg
やっぱりお日様の力はすごいょ。
ヒサマツがきんと輝いていた。
しかも、尾状突起が2本揃っている。


d0367460_19144900.jpg
翅裏も撮りたかったのだ^^;



More・・・アリが・・・
[PR]
# by krsmag3 | 2017-07-15 19:29 | チョウ | Comments(2)

ラン、ラン、ラン

d0367460_18165585.jpg
兵庫県からやって来たという人と、同じ花を撮った。すると、
「ウチョウランが咲いているよ。」
その人が示す方向を見ると、苔むした大木の枝にウチョウランがあった。
「僕は山登りをするので、ウチョウランなんて目の前で見る。」だって。
116.pngは望遠レンズに替えて撮ったょ。


d0367460_18164691.jpg
花は満開を過ぎていた。
来年はもっと早く来たい。


d0367460_18170964.jpg
ウチョウランの周りにあるのはムギランのようだ。
花の時期は6月ということだから、これも来年だね。


d0367460_18171967.jpg
帰り道で見つけたセッコクも花の時期は過ぎている。

来年の楽しみができたょ、ラン、ラン、ラン♪♪♪


[PR]
# by krsmag3 | 2017-07-15 06:13 | | Comments(0)

キヨスミウツボ

d0367460_15025033.jpg
キヨスミウツボ(清澄靫) ハマウツボ科キヨスミウツボ属

ヒメボタル観察会で花仲間から写真を見せてもらったキヨスミウツボは、真っ白だった。
1週間前に撮ったという話だったので、絶対に遅いだろうとは思ったが、場所を確かめておきたいと、出かけてきた。

やっぱり遅かった。
茶色に変色していた。閉花すると茶色になるらしい。
来年は、白いときに訪れたいと思うけれど、果たして同じ場所に出てくるものだろうか。

ウィキペディアには、「1年で寿命を終える株が多いが、7年以上生育している株もある。」とある。
来年に期待だ。


[PR]
# by krsmag3 | 2017-07-14 07:00 | | Comments(0)

ミドリシジミ

d0367460_13251233.jpg
朝早く起きて、ミドリシジミの湿地へ行く。
仲間と合流、手分けして探す、なんて言ってるが、116.pngは主に見張り役。


d0367460_13251776.jpg
下りたチョウにへばりついて、開翅するまでひたすら待つ。


d0367460_13252323.jpg
7時57分、1頭が開翅して、観察終了。

6時過ぎから8時前まで、3頭のチョウにへばりつき、2頭飛ばれて、1頭のみ開翅を観察。
飛んだ2頭もメスだった。
メスのAB型が見たいのだけれど、難しいみたいだ。


[PR]
# by krsmag3 | 2017-07-13 07:00 | チョウ | Comments(0)

オオルリソウ

d0367460_07493567.jpg
スジグロシロチョウがたむろしている花があったので車を止めた。


d0367460_07491461.jpg
オオルリソウだった。


d0367460_07485775.jpg
そういえば、最近オオルリソウを見に行ってないぞ、オニルリソウを探す宿題もまだ残っていたなぁ。
ああ、ヤマゴボウも( ;∀;)
6月はチョウ探しと重なるからなぁぁぁ。


d0367460_07492275.jpg
チョウを観察した帰り道で、こんなふうに、花に会えるのがいいのだけれど(*^^*)


d0367460_07492846.jpg
オオルリソウ( 大瑠璃草) ムラサキ科オオルリソウ属
林道沿いにたくさん咲いていた。


[PR]
# by krsmag3 | 2017-07-12 09:32 | | Comments(0)