人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 47 )   > この月の画像一覧

ヒメシジミ

d0367460_14455205.jpg
湿地にはヒメシジミがたくさんいた。



d0367460_14461717.jpg
おやおや、おじゃま虫(*´з`)



d0367460_14462598.jpg
恋の季節(#^^#)


by krsmag3 | 2019-06-30 07:00 | チョウ | Comments(2)

次の山へ

まだ時間はたっぷりあるので、仲間と別れて、116.pngは別の山へ。
なんと、そこには別のチョウ仲間がいたのだ。明日から梅雨入りをするという予報に、思うことはみんな一緒なんだねえ。


d0367460_14420286.jpg
ジョウザンミドリシジミが発生していた。
アイノミドリシジミも見たが、全く撮れなかった。



d0367460_14421711.jpg
車の屋根に止まったのはクロヒカゲ?
目玉模様が少ない?



d0367460_14424201.jpg
ヒメクロサナエ



d0367460_14425231.jpg
クロサナエ

毎年ここで出会うトンボたち。

by krsmag3 | 2019-06-29 14:13 | チョウ | Comments(0)

フジミドリシジミ

 今回は2時半起き、前夜睡眠導入剤を飲んで寝たので、ぐっすり眠って、2時半の目覚ましでちゃんと起き、味噌汁だけ作って3時に家を出た。
PCのナビ検索では家から1時間半で到着するというので、5時集合にはゆとりがあると思って出たのだけれど、
夜中の運転は日中とはスピード感が違っていたのだろうね、少し道に迷ったのもあって、集合場所に5時ぎりぎりの到着となった。
それから仲間と我が車に乗り込んで、山の上へ。軽自動車でやっと通れる道が、大雨で所々壊れていて・・・。
びっくりしたのは普通車で登って来た人がいたこと。福岡から40年ぶりに来たというその人は道が壊れていることを知らなかったのだろうね。
まあ、もともとそんなに快適な道ではない。


d0367460_07211709.jpg
天気快晴。探索開始 5:20



d0367460_10012910.jpg
数頭下りてきてくれたのだけれど、見失ったり、遠くへ飛ばれたり、また、飛ばれたり・・・・・・。 5:28



d0367460_07233667.jpg
おや、1頭が翅を開き始めたよ。 5:37



d0367460_07234597.jpg
どの角度がきれいかなあ。



d0367460_07245787.jpg
フジミドリシジミの青色が撮りたいねえ。



d0367460_07321155.jpg
4枚が青く輝くところを撮りたいねえ。



d0367460_07220429.jpg
あら、翅を閉じてしまったよ。そして飛んでったよ。 5:38



d0367460_07223821.jpg
この個体はずっとこのまま、開かなかった。 6:06

数個体、開翅を待ったのだけれど、快晴の天気も良し悪しなんだねえ、翅を開いたと思ったら飛んでしまう。
ブトが多く、防虫網のついた帽子の中に入り込んで額を噛まれ、長そで長ズボンの両手両足にも侵入され、痒くて痒くてギブアップ。
おまけに虫刺されの薬を忘れていて、たいへ~~ん。
でも、でも、最高に楽しい時間だった。
一緒に行った仲間に感謝。


by krsmag3 | 2019-06-29 07:00 | チョウ | Comments(0)

きょろきょろ

あっちへきょろきょろこっちへきょろきょろ第2弾

d0367460_21370001.jpg
クモキリソウが咲き始め。



d0367460_21371522.jpg
ツクバネがあった。



d0367460_21373216.jpg
ハナイカダもあった。



d0367460_21374833.jpg
おまけはクスサンの幼虫。
1匹だけならとってもきれいな毛虫。
大量発生するから逃げ出したくなる・・・。


by krsmag3 | 2019-06-28 07:00 | | Comments(0)

オオミドリシジミ♀

d0367460_21240186.jpg
サンコウチョウを待つ間は、あっちをきょろきょろこっちをきょろきょろ。
目の前にやって来たゼフを逃しはしないょ。



d0367460_21184539.jpg
オオミドリシジミのメスは今季初の出会いだ。



d0367460_21192243.jpg
頼みもしないのに翅をひろげてくれたとても優しい子。
優しい子に文句を言って悪いのだが、できれば影のないところで広げてほしかった<(`^´)>



by krsmag3 | 2019-06-27 13:00 | チョウ | Comments(0)

ヤクシマルリシジミ

d0367460_07080037.jpg
オオミドリシジミと同じ陣地にいるヤクシマルリシジミ、時々一緒に追いかけっこをする。



d0367460_07080874.jpg
追いかけっこの画像を撮りたいのはやまやまなれど・・・。



d0367460_07083214.jpg
撮りたくないのになぜか撮った、ヤマナメクジ、道路を早足で横断中。
無事に渡りきれたかしらね。



by krsmag3 | 2019-06-27 07:19 | チョウ | Comments(0)

サンコウチョウ

d0367460_21031775.jpg
恋焦がれていたサンコウチョウが撮れた。



d0367460_21032494.jpg
これまではホイホイホイと声が聞こえる方へ追いかけていたのを、この日は待つ作戦。
そしたら、頭の上にやって来た。
頭の上だからピントが顔に来ていないのだけれど・・・。
暗いから、きれいな色になっていないのだけれど・・・。
今まで真っ黒いシルエットしか撮れなかったから、青い目が撮れただけで嬉しい。
8時から14時まで山にいてチャンスは一度だけ、鳥撮りの世界は厳しいねえ。



by krsmag3 | 2019-06-27 07:00 | | Comments(8)

ラン、ラン

d0367460_08165432.jpg
コバノトンボソウが咲いていた。



d0367460_08170199.jpg
おやおや、ねじれているよ。



d0367460_08172124.jpg
たくさん花をつけたカキラン。



d0367460_08174542.jpg
2個の花が一度に咲いている。


この湿地は豪雨の影響が少なかったようだ。
山道は最近になって復旧作業が始まったところも多く、この先にはまだ行けない。
チョウや花を探す者にはとても重要な道なんだけれどねえ(*´з`)


by krsmag3 | 2019-06-26 07:00 | | Comments(0)

ヒメヒカゲの湿地

d0367460_08000578.jpg
ヒメヒカゲが止まっているのは枯れた松。



d0367460_07595880.jpg
ヒメヒカゲの湿地は、去年の豪雨で湿地に泥が流れ込んでいて、半分ぐらいに狭まっている。
湿地の周囲の木が伐採されて放置されているのはなぜだろう。
湿地の復旧をするのだろうか。それとも、開発が計画されているのだろうか。



d0367460_08001879.jpg
将来、湿地が保たれるかどうか、ここに棲むハッチョウトンボやモウセンゴケ、ミミカキグサにとっては心配なところ。
おっと、シマヘビもいた、この日は2mもあろうかと思うシマヘビに遭遇したよ。



d0367460_08003994.jpg
湿地から少し離れた所でオオヒカゲに出会う。
お前も湿地が元気なほうがいいよねえ。

by krsmag3 | 2019-06-25 13:00 | チョウ | Comments(2)

ヒメヒカゲ

d0367460_06500736.jpg
ヒメヒカゲ♀



d0367460_06503384.jpg
ヒメヒカゲ♂



d0367460_06502495.jpg
上と同一個体 他にも1頭いたので、この日見かけたのは計3頭。
これは多いのか少ないのか。


by krsmag3 | 2019-06-25 07:00 | チョウ | Comments(0)