<   2018年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

クワガタ

d0367460_20251119.jpg
去年、オオムラサキを見た樹液の出る木、クワガタとハエがいた。
オオムラサキもスズメバチもいなかった。



d0367460_20252465.jpg
カブトムシとクワガタムシの区別すらわかっていない116.png、今までスルーしてきたのだが・・・。
小学館の学習百貨図鑑「昆虫の図鑑」とにらめっこ。



d0367460_20253243.jpg
これはヒラタクワガタでいいだろうか。

ハエも調べなきゃいけないのだけれど、後回し(*´з`)


178.png スジクワガタとご指摘いただきました。やっぱり難しいです。
元クワ取り少年さん、ありがとうございました。





[PR]
by krsmag3 | 2018-07-31 09:25 | | Comments(2)

抜け道

d0367460_19164433.jpg
今、地元で見られる花・・・、そうだ、ヒナノシャクジョウだ。
去年は8月中旬に見ている。今年は去年より早いはずだから、きっと咲いているはず。
出かけたのはいいけれど、さて、たどり着けるだろうか。
去年、連れて行っていただいた道を思い出しながら進んでいると、やっぱりね、通行止めの看板。
でも、全面止めではなくて半分開いている。ということは、途中までは行けるかも。
ゆっくり進んでいると二手に分かれている場所に監視員さん!
「どこに行くのですか。」
「あっ、そちらですか。そちらなら、気を付けて進んでください。」
「地域の方には抜け道として通行可になっております。」
「こちらは道路が落ちていますので絶対に進まないでください。」
遊び歩いている者ににこやかに説明をしていただいて恐縮。


ヒナノシャクジョウの自生地は大水が流れた形跡はあったが、土砂の流入はない。
心当たりの場所をしゃがみこんで探す。
ヒナノシャクジョウの場所を間違えているはずはないのだけれどなあ。
小一時間探したけれど見つからず、ヤブ蚊の軍団に付きまとわれて退散した。


帰りも来た道を通った、親切な監視員さんにご挨拶をと思ったが、留守だった。



[PR]
by krsmag3 | 2018-07-30 07:00 | くらし

600m②

d0367460_15423183.jpg
土曜日、灰ヶ峰の道は復旧しただろうか、気になって行ってみた。
頂上から600m、道路を覆っていた土砂が道の縁に除けられていて、車が通れるようになっていた。
「よっしゃッ」と車を進めると頂上付近で黄色いテープが「危険、進入禁止」と風に揺れていた。
なに、くぐれば行けるよとテープをくぐったら、頂上の駐車場には自衛隊のトラックが何台も止まっていた。
災害救助に来てくださっている目の前を「チョウチョを探しに来ました。」なんて言えないよ。
一礼して引き返したら、ウラギンシジミがすっと飛んできて、目の前に止まってくれた。
116.png のフィールドを少しずつ確認して回っているが、通行止めで行けないところ、ため池がなくなったところ、くずれそうで近寄れないところ、いろいろである。
今回の豪雨で、広島県では7448ヶ所の斜面崩壊が見られたという報告があった。
どこもかしこも崩れているということ。

台風12号が追い打ちをかけるかと心配をしたが、近辺ではそれはなかったよう。
被害が大きかったところはどうだったのだろう。




[PR]
by krsmag3 | 2018-07-29 16:03 | くらし

アオメアブ

d0367460_07160270.jpg
アオメアブ(青目虻) ムシヒキアブ科 緑色の目をしたアブ。



d0367460_07160937.jpg
緑色の目やりっぱなくちひげをみるとかっこいいけれど。
なんかバランスが悪い感じ(*´з`)

よく見かける虫だけれど、初めて撮った。
うん、遠くへは出かけられないので、しばらくは近くで動くょ。





[PR]
by krsmag3 | 2018-07-26 07:35 | | Comments(0)

ケツユクサ

d0367460_11233850.jpg
ケツユクサが咲き始めた。



d0367460_11235235.jpg
ツユクサの苞に毛があるタイプ。



d0367460_11240775.jpg
花色はいろいろ。



d0367460_11245910.jpg
縁だけが白いタイプ。



d0367460_11240127.jpg
ほとんど白いタイプ。全部白いのはなかなか見つからない。

まだ咲き初めなので、これから真っ白い花を探すょ( `ー´)ノ






[PR]
by krsmag3 | 2018-07-25 11:34 | | Comments(0)

爪痕

d0367460_07360612.jpg
国道375号線を走っていると、池が決壊しているのが見えた。
3つの池がつながっている。



d0367460_17231091.jpg
この場所には4つの池が並んでいるのだけれど、山が崩れて土砂がこの谷に流れ込んだのだろう。
土砂は堤防を壊し、国道を塞いだ。
国道はじきに通れるようになったのだけれど・・・。
(左側の写真はグーグルの地図を刈りました。)


d0367460_17413868.jpg

「優先順位」という言葉はむごい言葉だ。


d0367460_17414547.jpg
もっともっと被害の大きいところがあるんだから。



d0367460_17415340.jpg
そのとおりなんだ。



d0367460_17420182.jpg
ほんとうは順番なんかつけないでほしいけれど。




[PR]
by krsmag3 | 2018-07-24 07:25 | くらし | Comments(4)

ハナハマセンブリ

d0367460_20592548.jpg
ハナハマセンブリ (花浜千振) リンドウ科シマセンブリ属 帰化植物



d0367460_20594140.jpg
何度も撮る花なのに、花の名前が出てこない。
昔、庭に咲いていた、宇品の海岸に咲いていた、あの山道に咲いていた…なんて全部覚えているのに、名前がでてこない。
過去のブログを見ても出てこない、そりゃそうだ、ナデシコの仲間だろうと思って調べていたょ。
最後の頼みは『野の花図鑑』、夏に咲く花を片っ端から見ていってやっと探し当てた。
ハナハマセンブリ。ハマハナセンブリと言い間違えたり。
そうだそうだ、ベニバナセンブリという、よく似た花があるのだった。
ベニバナセンブリの方が花が大きくて、花期に根生葉が残るので見分けるのだったょ。
あっ、ベニバナセンブリの自生地を教わっていたのだった、見に行かなくっちゃ。





[PR]
by krsmag3 | 2018-07-23 07:00 | | Comments(2)

アオバズク

d0367460_21130513.jpg
今年も神社の杜にアオバズクがやって来た。
今年で5年目だという、子育てに良い環境だと選ばれているのだねえ。
そろそろひなが巣立ちをする頃、父さん鳥が、巣の傍で見守っているところ。
父さん鳥の眼差しの先に巣がある。一度は木を登る大きな蛇を撃退したという。
もう、無事に巣立ちを迎えただろうか。
178.png ↑の画像は7月17日のもの、観察した人の情報によれば、7月20日頃巣立ったようだ。
21日はひな3羽の姿が目撃されている。



[PR]
by krsmag3 | 2018-07-22 07:00 | | Comments(2)

ため池に

コフキトンボの他にもいろんなトンボがいた。


d0367460_09112014.jpg
チョウトンボが朝日に輝いていた。



d0367460_09113852.jpg
ショウジョウトンボはじっとしていた。



d0367460_09113048.jpg
アオモンイトトンボのカップルがたくさんいた。



d0367460_09114641.jpg
おまけはアカツメクサで吸蜜するモンキチョウ。



d0367460_09115224.jpg
羽化直後だろう、翅が白いカゲロウがいた。名前は調べ中。




[PR]
by krsmag3 | 2018-07-21 09:32 | | Comments(2)

コフキトンボ

d0367460_14301840.jpg
コフキトンボ (粉ふきトンボ)

成熟するとオスもメスも胸部や腹部に白粉をふく。
シオカラトンボによく似ているが、少し小さくてかわいらしい。



d0367460_14302837.jpg
図鑑には、平地の開放的な池沼に普通と書かれているが、116.png の回るため池では3ヶ所で見るだけ、探し方が足りないかな。



d0367460_14303580.jpg
ホバリングを撮りたくて何度かススキの葉でつついて飛び立たせていたら、
終いにはススキの葉が体に当たっても飛ばなくなった。
あらら。



d0367460_14304521.jpg
図鑑には、夕暮れ時など、集団で止まる習性があると書かれているが、
このときは午前7時5分、朝でも集団で止まるんだね。
初めて観察した、21匹いた。





[PR]
by krsmag3 | 2018-07-20 14:27 | トンボ | Comments(2)