カテゴリ:デジブラ( 26 )

朝日を浴びて

d0367460_21173952.jpg
草むらの中でアマガエルがゆったりしている。



d0367460_21170224.jpg
ホソバセダカモクメは脱皮直後だろうか、抜け殻がある。



d0367460_21165592.jpg
アキノノゲシがお気に入り。




[PR]
by krsmag3 | 2018-10-19 07:00 | デジブラ | Comments(2)

アオバト

アオバトを撮りに島根県まで行ってきた。
アオバトは海岸に下りて海水を飲むという。ミネラル補給?
地元でアオバトを見る機会はあまりないので、集団でやってくるというのがとても魅力的。
鳥仲間から海岸の場所を教わっているので、きっと会えるはず。


d0367460_11421123.jpg
到着してすぐ集団を見かけたのだが・・・。


d0367460_11421807.jpg
みんな飛び立ったら、それからはいくら待ってもやってこない。
イソヒヨドリが1羽。



d0367460_11422621.jpg
おや、松の木に10羽以上降りたよとカメラを向けてもこれじゃあねえ。

と、突然目の前を飛んでいくアオバト数羽!!!
友人のカメラの音がバシャバシャっ、116.png は間に合わず。


d0367460_11424879.jpg
帰りに寄った渓谷で目的の花は見つからず、久しぶりのスミナガシには高いところで軽くあしらわれ、



d0367460_11424286.jpg
これも久しぶりのアオバセセリには葉の裏に隠れられて。
(スミナガシは6年ぶり、アオバセセリは4年ぶりだった。)


そしてまた、帰り道は途中から土砂降りの雨になり、田んぼが欲しがっていた雨がやっと降ったと喜んで家に着いたら・・・。
空は青く、雨の一滴もなし。
いろんなことで不満の残るお出かけになったょ。

絶対にリベンジ行きたい~~~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌日、遅れて我が町も土砂降りの雨が降った。雷が立て続けに鳴り、バケツをひっくり返したような雨が30分ほど続いた。
前回氾濫した小川の水位が、見る間に上がっていったが、あふれるまでには至らず、ほっと一安心。
雨が去って青空が出たのを見て、従兄が「しおれかけていた稲がこれで生き返った。」と喜んでいる。
ほんの少し前まで、避難するか思案していたのだけれどね。恵みの雨でよかった、よかった。




[PR]
by krsmag3 | 2018-08-29 07:00 | デジブラ | Comments(2)

大朝のテングシデ

d0367460_10382137.jpg
北広島町大朝のテングシデ、国の天然記念物に指定されている。
いつも素通りなのだが、今回初めて寄ってみた。



d0367460_10382861.jpg
見事な枝ぶり、狐の顔もあった。



d0367460_10383636.jpg




d0367460_10384266.jpg
おまけはヤマジノホトトギス、よく倒れているのを見るが、ここではどれもまっすぐ立っていた。





[PR]
by krsmag3 | 2018-08-13 07:00 | デジブラ | Comments(0)

二級峡ミニ観察会

4月29日、ひろしま自然の会のミニ観察会が、呉市二級峡であった。
今回のテーマは、渓流植物の観察ということだった。
大水のときは水につかるが、水が引くと地面が出てくる限られた狭い場所に生きる植物たち!?
難しいことは講師にお任せをして、参加者たちはてんでばらばらにおのれの興味あることに熱中していたりして・・・。
116.png もわが道を行く。

d0367460_19091465.jpg
タラヨウがあった。ハガキの木だそうだ。
葉に傷をつけて字を書き、定形外なので120円切手を貼ってポストにいれれば届く?
参加者には物知りがいっぱい(*'ω'*)



d0367460_18572609.jpg
イブキシモツケ
伊吹山で見つかったのでこの名があるが、西日本各地にみられるらしい。
今までコデマリだと思っていた。教わらなければわからなかった。



d0367460_18574359.jpg
イワギボウシ・・・渓流の岩場に自生するギボウシ



d0367460_18580333.jpg
岩場にはキシツツジがたくさん咲いていた。



d0367460_18585989.jpg
葉に、虫の糞がついている?



d0367460_18584367.jpg
いや、足があるよ。目がある、口がある、触覚がある。
ムシクソハムシだって(*´з`)  
とんでもなくいい名前を付けてもらったんだねえ。



d0367460_18593084.jpg
本日の目玉!!!  アオマダラタマムシ!!!
光の当たり方で赤く見える。



d0367460_18593989.jpg
青く見える角度を探す。



d0367460_18594629.jpg
この角度が一番青い!



d0367460_18595247.jpg
観察会だから、見れた。
ひとりで歩いたのでは見られないょ。




[PR]
by krsmag3 | 2018-04-30 17:00 | デジブラ | Comments(4)

今日もお山へ②

今日もお山へ急ぐ。

d0367460_15064160.jpg
いやいや、急いではならん。この道にはよくキジが出てくる。
ゆっくり走らせていればキジは歩いて逃げるからね。
ヤマドリと違って何とか間に合う。
間に合う程度だけれど(*´з`)



d0367460_15065280.jpg
ツツジの前でギフチョウがやってくるのを待っていたら、
なんとミヤマカラスアゲハがやって来た。



d0367460_15070457.jpg
何度も何度もツツジの花で吸蜜。



d0367460_15070940.jpg
花から花へ飛び回る。



d0367460_15071591.jpg
で、本命のギフチョウは、今日も落ち葉の上(*´з`)




[PR]
by krsmag3 | 2018-04-16 06:14 | デジブラ | Comments(4)

今日もお山へ

今日もお山へ急ぐ。

d0367460_18445529.jpg
いやいや、急いではならん、この道でヤマドリと出くわすことがある。
まあ、出くわしても撮れるとは限らない。
飛んで逃げられてお終いなのだ。
これは良く撮れたほうだね。



d0367460_06283382.jpg
斜面のヒゴスミレが咲いていた。



d0367460_06284785.jpg
今にも崩れそうな斜面、土砂と一緒に崩れなきゃいいけれど。



d0367460_06293020.jpg
葉が5枚あるので、ヒゴスミレだよね。



d0367460_06285899.jpg
スミレの花にやってくるギフチョウを撮るのが本日の目標だったのだが(*´з`)




[PR]
by krsmag3 | 2018-04-15 06:51 | デジブラ | Comments(0)

放棄田

今年も、ギフチョウを見た帰りに寄ったのはある放棄田。
昔は田んぼが並んでいただろうと思うその場所は今、湿地化している。


d0367460_21223859.jpg
ヒメウズが咲いていた。風が止むのを待って撮る。



d0367460_21225127.jpg
カキドウシが満開だ。



d0367460_21225903.jpg
オドリコソウも満開。



d0367460_21231634.jpg
ここには、ネコノメソウが咲く。



d0367460_21234061.jpg
道路沿いにはコスミレが咲いていた。



d0367460_21235180.jpg
タネツケバナに止まったのはツマキチョウ。翅を広げているところを撮りたいのだが・・・。




[PR]
by krsmag3 | 2018-04-09 07:00 | デジブラ | Comments(2)

上下町ひな祭り

d0367460_07210915.jpg
江戸時代に、石見銀山街道の宿場町として栄えた上下町。



d0367460_07211565.jpg
天領とされて、両替商などで栄えた。



d0367460_07214098.jpg
明治時代には雛人形を買う客でにぎわったという。



d0367460_07215039.jpg
天領上下ひなまつりが毎年開かれている。


ショウウインドウに飾られたお雛様を見ながら古い街並みを歩いた。



[PR]
by krsmag3 | 2018-03-04 10:25 | デジブラ | Comments(2)

てんこもり

d0367460_07071163.jpg
節分草の場所へ移動する途中、山にイカルがいた。



d0367460_07075528.jpg
遠すぎて(-.-)



d0367460_07084987.jpg
イソヒヨドリもいた。



d0367460_07091312.jpg
カヤクグリにも出会った。



d0367460_07092819.jpg
節分草を撮るのにマクロレンズをつけていて( ^ω^)・・・


朝日を撮り、セツブンソウを撮り、鳥を撮り。てんこ盛りの一日でありました。



[PR]
by krsmag3 | 2018-02-21 13:57 | デジブラ | Comments(0)

真っ赤な太陽

2月17日、お誘いを受けて、だるま朝日を撮りに行った。
三脚がずらりと並んで、日の出の1時間以上も前から場所取りが始まる人気の場所。

おや、日の出の時刻を過ぎても太陽が出ない!
「ああ、今日はだるまは無理だね。」という声。だるま朝日はそう簡単には見られないと。


d0367460_13080019.jpg
しばらくして出てきたのは、こんなに高いところ。



d0367460_13081298.jpg
だるまにはならなかったけれど、真っ赤な太陽がとても美しい。



d0367460_13084120.jpg
太陽の前を鳥が通過。



d0367460_13091786.jpg
真っ赤な太陽が少しずつ黄色い太陽になっていく。



d0367460_13100141.jpg
鳥は何度も通るが、なかなかいい場所に来ない・・・。



d0367460_13094002.jpg
このころになると三脚はどんどんたたまれていって、



d0367460_13103424.jpg
白い太陽を撮っているものは2,3人になっていた。


17日にだるま朝日が撮れないことも考えて、18日朝も予定に組んでいたのだけれど、
18日はもっと天気が悪くなるという。だるま朝日はお預けになった。



[PR]
by krsmag3 | 2018-02-20 13:44 | デジブラ | Comments(2)