人気ブログランキング |

カテゴリ:虫( 21 )

ヒメベッコウハゴロモ

d0367460_14164494.jpg
ヒメベッコウハゴロモ(姫鼈甲羽衣) ハゴロモ科

ベッコウハゴロモより一回り小さい、模様もあまり目立たない。



d0367460_14165103.jpg
ケツユクサの隣の草にいた。



d0367460_14165860.jpg
稲の害虫だという、大変だ、我が田の畦にわんさかいた。


by krsmag3 | 2019-09-05 07:00 | | Comments(0)

7月15日帝釈峡の虫

d0367460_21483726.jpg
スジグロシロチョウだと思う。



d0367460_21491583.jpg
ヤマトスジグロシロチョウだと思う。



d0367460_21492315.jpg
オオチャバネセセリ@アカツメクサ



d0367460_21494054.jpg
モンキチョウ@アカツメクサ


d0367460_21495517.jpg
カノコガがきれいだった。



d0367460_21500414.jpg
?


d0367460_21501228.jpg
顔が見える。



by krsmag3 | 2019-07-17 22:02 | | Comments(0)

キマダラカメムシ幼虫

d0367460_21391311.jpg
114.png「おうい、柿の葉になんか面白いもんがあるでぇ。」
116.png 「ほんまじゃ、面白いねえ、きれえな丸になっちょる。」



d0367460_21393003.jpg
114.png「こっちにもよう似たもんがあるで。」
116.png 「おんなじ卵じゃねえ。カメムシの幼虫じゃ。」



178.png 検索してみました。
これはキマダラカメムシの幼虫で、孵化したばかりのよう。白いのが卵で、抜け殻のようだ、何か黒いものがついている。
キマダラカメムシは卵の数が12個と決まっているようである。上が2齢幼虫で、下が3齢幼虫のようである。


① 多くのカメムシは、孵化後は卵の上や近くにとどまっていて、数日を過ごす。
② その間、えさらしいえさは摂らず、卵の表面に付着しているものを食べたり、葉の上の水を飲んだりしている。
③ 卵の殻についている黒いものは、卵殻破砕器、これで、うちから卵を開ける。
④ 3齢になるとそろそろ卵殻から離れていく。


なんて面白いんでしょう。実際に卵殻破砕器を使って卵から出てくるところを観察したくなります。
まだ柿の葉に卵がついていないかと探しましたが、ありませんでした。
しばらく柿の葉要注意!!! です。


by krsmag3 | 2019-06-20 07:00 | | Comments(8)

セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ

d0367460_18435850.jpg
退治中<(`^´)>



d0367460_18440505.jpg
セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシを。

孤軍奮闘<(`^´)>

by krsmag3 | 2019-05-26 10:00 | | Comments(0)

ライトトラップ

d0367460_07402671.jpg
ヤマガラがやって来た。


d0367460_07403304.jpg
地面に下りて食べているのは・・・ライトトラップに集まった蛾。



d0367460_07404008.jpg
緑色がきれいな蛾。



d0367460_07404780.jpg
黄色がきれいな蛾。



d0367460_07405406.jpg
ドクガはもっときれいなのだけれど・・・。



d0367460_07410134.jpg
鱗粉が落ちて少し輝きが少なくなっている・・・。



d0367460_07411009.jpg
首筋の赤がアクセント。

まだまだたくさん撮ったのだけれど、名前を調べ中で、ただ今お蔵の中。



この場所ではこの季節毎週のようにライトトラップをして、蛾の観察をしている。
夜が明けると白布に集まった蛾は山に帰っていくのだけれど、その前にヤマガラやキビタキが蛾を食べにやってくる。
再々やってくるので、ひろしま自然の会の会員にされたみたい。会費をとらない代わりに写真のモデルになってもらうってわけ。
さあ、どんどん食べに来てよ、特にキビタキ会員を待っているよ。


by krsmag3 | 2019-05-18 07:00 | | Comments(0)

アカサシガメ

d0367460_20590908.jpg
アカサシガメ サシガメ科モンシロサシガメ亜科



d0367460_20590295.jpg
赤と黒!
(若いころ、スタンダールの「赤と黒」を読んだなあ・・・えっ、全く関係ない!?)



d0367460_20585577.jpg
小さい虫を捕まえて体液を吸うらしい。ぜひ、現場を見たいょ。




by krsmag3 | 2019-05-06 07:00 | | Comments(0)

シロヘリツチカメムシ

d0367460_07055751.jpg
☏「シロヘリツチカメムシはまだ同じところにいる?」
116.png 「最近見ていないから調べてみるよ。」



d0367460_07060421.jpg
☏「虫の図鑑を作ろうと思っているから、まだそこにいるのか気になって。」
116.png 「いたよ。1匹見つけたとき雨が降り出したから他にいるかどうか探していないけれど。」


d0367460_07061012.jpg
☏「ありがとう。調べてくれって催促したみたい。」
116.png 「なんのなんの、5分で調べられるところだから。」


記録を調べたら、初めてこのカメムシを見たのが2013年。
広島県の準絶滅危惧種なので、時々探していたのだけれど、見つけられないでいた。
友人から電話があって久しぶりに川土手を探したら、今回はあっという間に見つかってびっくり。
こんな小さな虫は見つけようと思ってもなかなか見つけられないけれど、出会いはひょんなときにあるものなのかも。
そうそう、思い出した。イヌナズナの花を撮っている時に見つけた虫だった。
風で揺れるイヌナズナにあずっていたとき見つけたのだ。
今年もイヌナズナが咲いている。今日も風が強い。
風が弱い日に撮りに来よう。


by krsmag3 | 2019-04-04 10:00 | | Comments(0)

黒い蛾

d0367460_07224061.jpg
物干しざおに枯れた葉がくっついているので取り除こうと近寄ったら、足が見えた。



d0367460_07225018.jpg
蛾だ。



d0367460_07225831.jpg
名前を調べ中である。



178.png 名前が分かりました。
ヤガ科 キンウワバ亜科 エゾギクキンウワバ でした。
114.png が調べてくれました。12.07.11.30記



by krsmag3 | 2018-12-06 22:21 | | Comments(0)

キゴシハナアブ

d0367460_21253320.jpg
数日前のこと、暖かい日に、庭のだるま菊にハナアブがもぐれついていた。



d0367460_21253985.jpg
胸には白い線がくっきりと5本。



d0367460_21254571.jpg
ハナアブの仲間で、キゴシハナアブというそうな。
複眼がまだら模様できれい<(`^´)>



by krsmag3 | 2018-11-24 07:00 | | Comments(0)

ハンミョウ

d0367460_19294456.jpg
ハンミョウがいた。



d0367460_19300623.jpg
道教えのはずが、トンボ撮りの邪魔ばかりした。



d0367460_19301464.jpg
こんなに派手だとつい目を奪われる。で、トンボを見失う<(`^´)>




by krsmag3 | 2018-10-31 07:00 | | Comments(0)