人気ブログランキング |

2019年 06月 20日 ( 1 )

キマダラカメムシ幼虫

d0367460_21391311.jpg
114.png「おうい、柿の葉になんか面白いもんがあるでぇ。」
116.png 「ほんまじゃ、面白いねえ、きれえな丸になっちょる。」



d0367460_21393003.jpg
114.png「こっちにもよう似たもんがあるで。」
116.png 「おんなじ卵じゃねえ。カメムシの幼虫じゃ。」



178.png 検索してみました。
これはキマダラカメムシの幼虫で、孵化したばかりのよう。白いのが卵で、抜け殻のようだ、何か黒いものがついている。
キマダラカメムシは卵の数が12個と決まっているようである。上が2齢幼虫で、下が3齢幼虫のようである。


① 多くのカメムシは、孵化後は卵の上や近くにとどまっていて、数日を過ごす。
② その間、えさらしいえさは摂らず、卵の表面に付着しているものを食べたり、葉の上の水を飲んだりしている。
③ 卵の殻についている黒いものは、卵殻破砕器、これで、うちから卵を開ける。
④ 3齢になるとそろそろ卵殻から離れていく。


なんて面白いんでしょう。実際に卵殻破砕器を使って卵から出てくるところを観察したくなります。
まだ柿の葉に卵がついていないかと探しましたが、ありませんでした。
しばらく柿の葉要注意!!! です。


by krsmag3 | 2019-06-20 07:00 | | Comments(8)