野呂山へ

灰ヶ嶺へ行く道が2本通行可能になった。
野呂山へもなんとか行けるらしい。
で、出かけたら・・・。
林道 郷原野呂山線は、「通行止め」になっていた。
でも、2週間も前に、頂上まで行った人がいるのだから・・・。
そろりそろりと車を進めていると、道路が土砂に埋まっていた。
近づいてみると、半分土砂がどけられていて車が1台分通れるようになっていた。
それから数か所土砂崩れを横に見ながら進んでいくと、「通り抜けできません。」という看板。
仕方ない、行けるところまで行って、そこから引き返そう。
また、そろりそろりと進んでいくと、道路がなくなっていた。


d0367460_18534797.jpg
左側の山は異常なし。なのに、道路から右側が崩れている。
ガードレールが浮かんでいた。これは復旧に時間がかかりそうだ。
左の山側に車1台分のう回路が作られていた。
おや、う回路の出口にトラック! 何かの事情で止まっている様子。
待てよ、ということは、そこから先はトラックも通れる状況!?
さて、トラックはう回路を通れるか?
しばらく時間がかかりそうである。


d0367460_18535861.jpg
待つ間に草むらをごそごそしているとアメリカネナシカズラがあった。



d0367460_18540749.jpg
オジロアシナガゾウムシがいた。

トラックは福岡ナンバー、カーナビの示すとおりに来たという。
カーナビは7月豪雨で道が寸断されていることは知らないだろうからねえ。
トラックはう回路を進まずに、元来た道を引き返していったょ。

バックで引き返すトラックを追い越して、野呂山になんとか到着。



d0367460_18541920.jpg
野呂山で探したい花があったのだけれど、見つからず。
お寺に咲いていたアジサイを撮って帰った。






[PR]
by krsmag3 | 2018-08-25 07:00 | くらし | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ツシマママコナ ソバナ >>