クロシジミ

アイノミドリシジミの山で集まった8人の中に、知り合いのご夫婦がいた。
116.pngをチョウの道に引きずり込んだ、(もとへ、誘っていただいた)人である。
ときどきチョウの山でばったり出会う。同じチョウを見に来ているということだ。
いろいろ話していると、「そろそろクロシジミも出てくるころだ。」と。
まだ早いだろうと思っていたが、今なら新鮮な個体に出会えるかもしれないぞ。行かなくちゃ。

クロシジミの山に移動。
草むらをあっち行き、こっち行きしてチョウを探す。
いつも草丈が頭を越すような草原を探すのだけれど、今回は胸あたり。
楽だけれどいない。少し場所を移動して、今まで観察したことがあるあたりをうろうろしていると・・・。

d0367460_06024902.jpg
足元から飛び立った1頭、クロシジミだ。


d0367460_06025661.jpg
翅が波打っているということは、羽化後間がないのかな。
この場所にじっとしていた。いくらでも写真が撮れたが、全部同じポーズ。


d0367460_06031481.jpg
探すときに邪魔をしてくれたのがムラサキシジミ。
クロシジミかと思って近づいたらムラサキシジミだった、がっかりの主、こんなにきれいなのにね。


[PR]
by krsmag3 | 2017-07-17 06:56 | チョウ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< キマダラモドキ アイノミドリシジミ >>