Mag's DiaryⅢ

krsmag3.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 30日

ホクリクムヨウラン

d0367460_06282419.jpg
ホクリクムヨウランを探して、1時間半、暗い林床を歩き回った。
時々しゃがみ込みながら、これはと思うものを凝視、たんびに違うなあ・・・。
林の外へ出て、ホタルブクロを撮ったりして汗を引っ込ませていると地元の方が軽トラで!!!
即座に声をかけて尋ねる。
・ 
「そがぁな花があるんかいのう。知らんのう。」
「仕事が済んだけぇ、一緒に探しちゃろう。どがぁな花かいのう。」
「よう、そがぃなものを探しに、遠くからくるのう、まあ、趣味を持つのはええことじゃ。」
d0367460_06275442.jpg
で、見つかったのである。
ひとりで何回も通った場所にそれはあった。
予想以上に大きい。
去年も合わせると、3度目にやっと見つけた花( `ー´)ノ
見も知らぬ人を巻き込んで…。


d0367460_06280110.jpg
まだ蕾だった。
しかも白い虫にたかられて、汚くなっている、白い虫を追っ払って撮った。
「こがぃな花が楽しみなんですょ。」
「趣味じゃのうて、病じゃ言われちょります。」
「暗い林の中を一人じゃ心細うて。一緒に探していただいてありがとうございました。」
d0367460_06284216.jpg
まだ他に行きたい場所があったのだが、時間が無くなった、そのまま帰宅。
途中、アオサギのコロニーを見つけて車を止めた。


d0367460_06290300.jpg
ほとんど大人になっている。頭に産毛が残っているのはこの1羽だけだった。


175.png天気が悪いのでチョウ探しは無理けれど、花にはちょうどいいと出かけ、正解だった。
もっと花が開いているのを撮りたいけれど、それは来年。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-30 07:19 | | Comments(2)
2017年 06月 29日

寄り道

d0367460_19135286.jpg
寄り道①は琴ヶ浜。
何度も看板を見ているが、たち寄ったのは初めてだ。
(114.png117.pngは何度か来ている。)


d0367460_19140168.jpg
普通に歩いていても鳴るが、靴をこすりつけるようにするとよく鳴る。
高い音や低い音があって、その条件を探すのも面白そうだ。


d0367460_19141126.jpg
砂にある大きな穴に枯れた草を突っ込んで主を釣ろうとしたり、


d0367460_19142000.jpg
小さい穴や何かの足跡をたどっていったり、それなりに楽しい時間になった。


d0367460_19143861.jpg
こんな砂の上に咲くハマニガナ。


d0367460_19145110.jpg
ハマタンポポと言いたいほどタンポポにそっくり。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆


寄り道②は、浅利海水浴場。
海岸へ向けて道が通じていそうなところを進んだら海水浴場だった。
釣り人がいた。

d0367460_19152925.jpg
タイトゴメがあった。
クロツバメシジミがいるもしれないと探したけれど、そんなに簡単じゃあないよね。


d0367460_19151417.jpg
ハマボッスは花が終わり。


d0367460_19153730.jpg
テリハノイバラもそろそろ終わり。


とても波が静かで、瀬戸内海と間違えそうなほど穏やかな日本海だった。
四国沖に低気圧があるのは、日本海側にはさほど影響がないのだなぁ。
帰り道、中国山地を越えたあたりから雲が多くなり、山陽道に入ると雨が落ち始め、家の周りは土砂降り。
所変われば・・・である。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-29 06:31 | | Comments(2)
2017年 06月 28日

ハマボウフウ

d0367460_09523680.jpg
ハマボウフウがあった。


d0367460_09524223.jpg
お行儀よくおしくらまんじゅうの花。


d0367460_09525234.jpg
? ? ?
この奇妙な形のものは一体 ?
ハマボウフウと同じ葉!


d0367460_09525800.jpg
赤いのや、


d0367460_09530357.jpg
黄色いのやいろいろ。


d0367460_09532334.jpg
柱頭らしきもの! ということは雌花の終わり?
実ができている?


d0367460_09531545.jpg
そして、こちらが雄花の終わり?


d0367460_09533038.jpg
もしかして、雄花と雌花があるのかな。


178.pngウィキペディアで調べたら、『もごもごの丸い塊は若い果序である』と。
ハマボウフウの白い花からは予想もできない形の実だった。
おもしろいなあ!(^^)!



[PR]

by krsmag3 | 2017-06-28 10:27 | | Comments(0)
2017年 06月 28日

近藤ヶ浜

6月17日、とてもいい天気だった。が、車検で車がない。
こんなにいい天気なら、次の日も何とか天気がもつだろうと思っていたら、車検が2日かかるという。
あちこちくたびれていて、取り寄せなければならない部品があるという。
なんと、梅雨の晴れ間に動くことができない。

6月18日、うじうじしていたら、114.pngがドライブに誘ってくれた。
行きたいところは山ほどある。
そうだ、近藤ヶ浜に行こう、低気圧が南にいるから北へ行けば天気がいいだろう。
島根県はとてもいい天気だった。
海岸へ続いていそうな横道を見つけては寄り道をして("^ω^)・・・。
午後4時帰宅、土砂降りの雨だった。


d0367460_06360096.jpg
近藤ヶ浜はハマナスの自生地。
日本海側の西限地として島根県指定文化財に指定され、保護されている。


d0367460_06362298.jpg
前回来たときは花が終わりのころだったが、今回はちょうど見ごろ。


d0367460_06395120.jpg
コウボウムギ


d0367460_06414427.jpg
ハマゴウは花が咲いていなかった。
黄色いのはネナシカズラ、ハマゴウを襲っている。


d0367460_06412009.jpg
ハマウツボがあった。もう完全に花が終わっている。来年はハマウツボか咲くころに来たいょ。


d0367460_06423153.jpg
ふさふさのきれいな緑の塊、何だろう。
これはもっと後に来なければ。
近ければ、何度も通うのだけれどねえ(=_=)


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-28 07:14 | | Comments(2)
2017年 06月 27日

アオハダトンボ②

d0367460_18025204.jpg
アオハダトンボ♀ 縁紋が白い


d0367460_18032715.jpg
オスほど翅が黒くない。


d0367460_18034021.jpg
オスと同じように翅を開いたり閉じたりしている。


d0367460_18035965.jpg
ちと怖い^^;


d0367460_18092811.jpg
メスの大事なお仕事。産卵。


d0367460_18133602.jpg
オスが近くにいるので、警護しているのかなと思ったら、


d0367460_18314505.jpg
なんと、狙っているのだった。

まだ産卵途中なのに。

メスは何度か逃げて産卵を続けたけれど、

d0367460_18161655.jpg
最後には摑まってしまった。

まあ、こういう形になるということは、メスも合意しているということであり。

産卵は大仕事なので、少しは休ませてくれてもいいものを。

少し腹を立て観察を終えた116.pngでありました。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-27 05:43 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 26日

アオハダトンボ

d0367460_16000448.jpg
アオハダトンボが家の近くの川にいればいいのにな。


d0367460_16001003.jpg
ハグロトンボとそっくりで、でも、まったく違う。


d0367460_16002492.jpg
なんて言ってたら、ハグロトンボと同じ色になっちゃったょ。


d0367460_16003018.jpg
ふうん、逆立ちもするんだぁ。


d0367460_16004640.jpg
今年は隙間の時間にちゃんとアオハダトンボが撮れた。

いつものようにちょっぴりお尻が濡れて長靴の中に水が入り込んだけれど( ;∀;)
アオハダトンボを撮るにはそのくらいはしなくっちゃね( `ー´)ノ


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-26 17:25 | トンボ | Comments(0)
2017年 06月 26日

コルリがジュウイチを育てる

山道を走っているとたくさんのカメラが並んでいた。
聞くとコルリが子育て中だという。
仲間に入れていただく。

d0367460_10421327.jpg
コルリの♂


d0367460_10425358.jpg
せっせとえさ運び。


d0367460_10442408.jpg
こちらはメス、まったく目立たない色合いだ。


d0367460_10443172.jpg
こちらもえさ運び。


d0367460_10463532.jpg
斜面に作った巣に運ぶ。


d0367460_10490195.jpg
糞を持って出る。


d0367460_10500128.jpg
で、育っているのは、ジュウイチのひな。
ジュウイチという鳥は、自分では子育てをしないのだそうだ。
オオルリやコルリなどに托卵をするという。

めったに見られない場面だよと600mmのレンズを構えていた人が教えてくれた。
600mmあれば遠くから撮れる・・・。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-26 11:04 | | Comments(0)
2017年 06月 25日

ウラミスジシジミ

この日の狙いはウラミスジシジミ。
『雨が降った後の晴れ間だからきっといるはず』・・・なんの根拠もないのにそう思い込んでいる116.png

d0367460_22074408.jpg
ピンポーン!  大当たり!


d0367460_22091693.jpg
渋い柿色のチョウ


d0367460_22093887.jpg
白い線がやたらと多いウラミスジ。うふっ、ムスジあるょ。


d0367460_22095437.jpg
「もっと近くへ、もっと近くへ」と誘っていたらこんなところに潜り込んで。


d0367460_22101271.jpg
最後はお尻を向けたままで30分。そしてプイと飛んでった。


167.png6:40~8:10、たっぷり遊んでもらいました。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-25 06:39 | チョウ | Comments(8)
2017年 06月 24日

6月20日、今日のゼフ

d0367460_18442833.jpg
開翅する前に飛んでったヒロオビミドリシジミ♂
表翅が青かった。

d0367460_17204232.jpg
ヒロオビミドリシジミ♀ 開翅したのだが、角度が悪くて撮れなかった。


d0367460_18431560.jpg

仲間が見つけていたウラナミアカシジミを撮らせてもらった。


178.png6月20日は、ウラジロミドリシジミを合わせて、3種のゼフを撮ることができた。
うん、いつものようにおんぶにだっこのゼフ撮影。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-24 06:21 | チョウ | Comments(0)
2017年 06月 23日

ウラジロミドリシジミ

この日、木の上から下りてきてくれたのはヒロオビミドリシジミ2頭とウラジロミドリシジミ3頭。
ヒロオビミドリシジミは撮影できにくい場所に下りたので早々にあきらめて。
ウラジロミドリシジミが翅を開くまでへばりついて観察。
。。。約1時間。。。

この日は二人で観察したからね、開翅を待つ時間も楽しい。


d0367460_20392940.jpg
#1 この個体は開翅する前に飛んでった。


d0367460_20384457.jpg
#2 この個体は、少し長い時間翅を開いてくれた。といっても2分間弱?


d0367460_20423362.jpg
7:19


d0367460_20425455.jpg
より輝く角度を探す時間があった。7:21


d0367460_20380315.jpg
#3 この個体は翅を開いてすぐに飛んでった。


d0367460_20452364.jpg
シャッターを3回押していたよ。ピントが合っているか確かめる前にいなくなった。7:40

みんないなくなって、観察終了。


[PR]

by krsmag3 | 2017-06-23 14:12 | チョウ | Comments(2)