Mag's DiaryⅢ

krsmag3.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:皿ヶ嶺( 9 )


2017年 10月 06日

皿ヶ嶺の花 9月

その他に皿ヶ嶺で見た花!(^^)!

d0367460_15405009.jpg
タカネハンショウヅルは白花だった。終盤。


d0367460_15402505.jpg
コフウロ ほとんど実になっていた。初見


d0367460_15414899.jpg
白いアキチョウジの花があった。


d0367460_15420964.jpg
ジンジソウが2株。


d0367460_15421960.jpg
イシヅチウスバアザミが満開。


d0367460_15423443.jpg
キクバヒヨドリ。葉の裏の腺点を確かめた。


d0367460_15424730.jpg
ミツバテンナンショウの実が赤くなっていた。


d0367460_15430288.jpg
遊歩道にオタカラコウ。


d0367460_15433016.jpg
おまけは、青いヤスデ。



178.png今年、皿ヶ嶺に行くぞと決めて、計5回行った。行くたびに、たくさんの花が出迎えてくれた。ほんとうに皿ヶ嶺は花の山だった。
風穴から竜神平へ行くコースしか歩いていないので、違うコースも歩いてみたいと思うが、この膝では無理なのかなぁ・・・。



[PR]

by krsmag3 | 2017-10-06 06:53 | 皿ヶ嶺 | Comments(2)
2017年 10月 05日

竜神平の花

d0367460_07072566.jpg
竜神平で昼食、秋の空が真っ青だ。


d0367460_07073815.jpg
リンドウが咲き始めていた。


d0367460_07074497.jpg
笹の中で黄色い花が咲いていた、ヤナギタンポポだ。初見。


d0367460_07075177.jpg
茎が固く高く伸びていてタンポポらしからぬ姿だが、花はタンポポだねぇ。


d0367460_07080210.jpg
葉が一枚なので、オモゴテンナンショウだと思うのだが・・・。



[PR]

by krsmag3 | 2017-10-05 15:00 | 皿ヶ嶺 | Comments(0)
2017年 10月 05日

キバナアキギリ

キバナアキギリは皿ヶ嶺で撮らなくてもとスルーしていたのだが・・・。

d0367460_15322071.jpg
なんだか白い花があるような!(^^)!


d0367460_15320688.jpg
うん、見事に白い花。


d0367460_15321460.jpg
黄色い花と比べると違いが分かる。


d0367460_15325778.jpg
こんなに群生しているのだもの、変わった色も出てくるよねぇ(#^^#)



[PR]

by krsmag3 | 2017-10-05 07:03 | 皿ヶ嶺 | Comments(4)
2017年 10月 04日

レイジンソウ

d0367460_18263026.jpg
麗人草ではなくて、伶人草。
花の形が伶人(舞楽の奏者)が被る冠に似ていることからつけられた。いろんな名前の付け方があるもんだ。


d0367460_18263728.jpg
今回の皿ヶ峰で見たかった花。
広島県にはアズマレイジンソウというのがあるが、大きさが違うのかなぁ。


d0367460_18264362.jpg
遊歩道が日陰なのできれいな色が出ないが、薄紫色の花は麗人草と書きたいょ。


d0367460_18265444.jpg
もう実ができている。


d0367460_18270874.jpg
斜面はレイジンソウとハガクレツリフネで埋まっていた。



[PR]

by krsmag3 | 2017-10-04 07:00 | 皿ヶ嶺 | Comments(2)
2017年 10月 03日

シコクブシ

d0367460_13560234.jpg
シコクブシ「四国附子」 四国に特産するトリカブト。
トリカブトだからね、もちろん猛毒、殺人事件に巻き込まれる植物(*´з`)


d0367460_13560980.jpg
その猛毒を薬用とする知恵もあるんだって('_')


d0367460_13562332.jpg
葉の根元ま切れ込みがである。


d0367460_13563142.jpg
ピンクの花もあると聞いて探したが、色の薄い株が見つかっただけ。


今年は広島県のトリカブトを撮り逃がしそう("^ω^)・・・


[PR]

by krsmag3 | 2017-10-03 07:00 | 皿ヶ嶺 | Comments(2)
2017年 10月 02日

ハガクレツリフネ

9月30日、皿ヶ嶺へ行った。
ハガクレツリフネがそろそろお終いになると気になっていたのだが、他にも見たい花がたくさんあって延ばしのばしになってた。


d0367460_09562672.jpg
ハガクレツリフネを初めて見たのは2009年に梶が森自然公園で。
お花見で四国へ渡ったのはこのときが最初だったなぁ。


d0367460_09565210.jpg
遊歩道沿いにいたる所で咲いているのだが、暗い林の中、ピンクの色がきれいに撮れない(*´з`)


d0367460_09571275.jpg
葉隠れだからそこを撮らなくっちゃ・・と頑張る。


d0367460_09565810.jpg
二人仲良く葉隠れ。


d0367460_09571993.jpg
3階建てで葉隠れ\(^o^)/


なんとか花の時期に間に合った。



[PR]

by krsmag3 | 2017-10-02 10:26 | 皿ヶ嶺 | Comments(2)
2017年 07月 25日

7月15日 皿ヶ嶺の虫

d0367460_06273708.jpg
オオトラフコガネ(オオトラフハナムグリ) おもしろいデザイン (*'ω'*)


d0367460_06275186.jpg
ラミーカミキリも面白い



d0367460_06281082.jpg
デザイン競争ならサカハチチョウも負けてはいない。


d0367460_06281806.jpg
チョウがたむろしていた愛大小屋の裏。


d0367460_06282446.jpg
とびっきりの魅力がある?


d0367460_06283827.jpg
ヒメキマダラセセリ


d0367460_06284526.jpg
オオチャバネセセリを皿ヶ峰で撮らなくてもと言いながら撮る。

今回の皿ヶ峰のレポートはこれで終了。次はいつになるかなぁ。


[PR]

by krsmag3 | 2017-07-25 07:09 | 皿ヶ嶺 | Comments(0)
2017年 07月 24日

皿ヶ峰の花7月②

今回、タマガワホトトギスを見るのも目的の一つ。
遊歩道から見えるところに咲いているらしいことだけわかっていた。
でも、歩いても歩いても見つからないのはいつもとおんなじ。見落としたかなあと心配になって。こんな時は聞くに限るよね。
ちょうど、山を歩きなれている感じの女性がやって来た。「タマガワホトトギスが咲いている場所ご存じないですか。」
「石鎚山ではよく見るけれど、皿ヶ峰では見たことがないなあ。この山にも咲いているの?」
何度も皿ヶ峰を歩く人が知らない! こりゃぁ心して探さんといかんぞぃ。

しばらく進むと追い越していったさっきの女性が立ち止まって手招きをしている。
「タマガワホトトギスが咲くならこんなところだ、と思って上を見たら、あったよ。」だって。
タマガワホトトギスの育つ環境をよくご存じなのだった。
花を見つけて、しかも、我々が来るのを待っていてくださった。ありがたい。


d0367460_14174388.jpg
教わっていなかったら、見つけられただろうか。


d0367460_14173351.jpg
黄色いホトトギスだから目立つだろうと思っていたのだが、遠くに咲くと意外につつましやか。


d0367460_14172847.jpg
タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)  ユリ科ホトトギス属 初見


d0367460_14362717.jpg
モミジバカラスウリが咲いていた。花を見るのは初めてだ。
紅葉葉烏瓜 ウリ科カラスウリ属


d0367460_14371095.jpg
嬉しかったのが、オオヤマサギソウを見つけたこと。
下の2枚の葉が大きい。


d0367460_14372456.jpg
皿ヶ嶺に咲くのは知っていたが、まったくどこにあるかわからなかった。


d0367460_14373735.jpg
オオヤマサギソウ(大山鷺草) ラン科ツレサギソウ属 初見


[PR]

by krsmag3 | 2017-07-24 06:39 | 皿ヶ嶺 | Comments(2)
2017年 07月 23日

皿ヶ峰の花7月①

1週間前、皿ヶ峰に行ってきた。
6月はチョウの追っかけに忙しくて行くことができなかった、あと、観察したいチョウが1種残っているが、これはほぼ絶望的。
車に積んでいた脚立も仕舞って、そろそろお花見にチェンジだ。
2ヶ月ぶりの皿ヶ嶺、花がガラッと入れ替わっていた。

d0367460_20195562.jpg
風穴に咲くヒマラヤの青いケシはもうおしまい、色あせた花が多かった。
見物人が多く、みんな風穴に涼みに来ているみたいだ。
我々も冷気を浴びて花散策に出発。


d0367460_20331237.jpg
4月にハシリドコロ、5月にヤマブキソウでいっぱいになっていた山の斜面は、
7月はギンバイソウで埋まっていた。


d0367460_20330277.jpg
つぼみの色が白からピンクまでいろいろあってかわいらしい。


d0367460_20332864.jpg
まだほとんど蕾で、咲いていたのはこの1輪だけだったような・・・。
咲いている花を探すのに必死で、群生しているところを1枚も撮っていないょ、うっかりしていた。


d0367460_20342870.jpg
ミツバテンナンショウが実になっていた。


d0367460_20350110.jpg
ミヤマナミキ 初見


d0367460_20380072.jpg
オウギカズラの白い花もあると聞くが、紫色の花が咲き始め。


d0367460_20355659.jpg
キクバヒヨドリだと思う。(腺点の有無は確かめてないけれど。)


d0367460_20361563.jpg
この日の目的の花のひとつ、タチカモメヅル。初見。


d0367460_20362667.jpg
毎日のように山に登るという人がいて、咲いているところを教わった。
その人が「今年はミズチドリはない、霜で全滅した。」と。
「はい、わかりました。」と言って、探しもしないで帰ってしまったのだが・・・。
くまなく探しておけばよかったなあ・・・と。
そしたら、アオタチカモメヅルが見つかったかもしれないなあ・・・。


[PR]

by krsmag3 | 2017-07-23 07:00 | 皿ヶ嶺 | Comments(2)